MENU

宿泊施設と併用している貸し会議室

貸し会議室の需要増加に伴って、貸し会議室専用のビルが建設されるなど様々なタイプの貸し会議室が増えてきています。

 

ホテルなどの宿泊施設を伴った貸し会議室も見られるようになってきました。例えば会社の株主総会などでは、全国の株主が本社のある場所に集まりますが、日帰りできなかったり、日帰りできても時間的余裕がない場所からいらっしゃる株主もいるのです。

 

そこでホテルの貸し会議室を借りて、株主総会が終了してからそのまま同じホテルにて宿泊していただくことができます。

 

これなら時間的に余裕を持って株主総会を行うことができますし、参加する株主の方も帰りの時間などを気にせず、総会に参加して頂けるのです。

 

他にも宿泊施設を伴う貸し会議室は、社員の研修旅行としても使用することが可能です。全国、海外にも支店を持つ大手企業になると、社員研修を行うのにも世界や全国の各地から社員が訪れるため、社員を宿泊させる場所が必要になります。

 

 

 

宿泊施設が併設されている貸し会議場を最初から選んでおけば、移動の時間がありませんので社員にとっても利便性が高いのです。その土地に不慣れな社員でも同じ場所で研修、宿泊ができれば迷って研修場所に遅れてしまうことも防げます。

 

また同じ場所で宿泊することから、社員同士の連帯感を強めたり、コミュニケーションの場を持つ良い機会にもなります。

 

宿泊施設を持つ貸し会議室を利用するメリットとしては、食事のサービスも受けやすいことです。ホテル内で作られたお弁当や料理を会議や研修の時にも利用できますので、あえて外部に食事を依頼しなくても済むのです。